ココがポイント!!

ココがポイント!! 天然ガスの開発から供給までをグループ内で一貫

K&Oエナジーグループの特長

天然ガスの開発から供給までをグループ内で一貫

当社グループの最大の特長は、天然ガスの開発・生産からガスの販売までを、グループ内で一貫して行っているところです。

K&Oエナジーグループの特長

日本で最も歴史ある天然ガス事業会社

創業期のガス井戸が猛噴する様子

関東天然瓦斯開発は、1931年5月に創業した、日本で最も歴史ある天然ガス事業会社です。
創業の地は現在の千葉県夷隅郡大多喜町で、創業時の社名は「大多喜天然瓦斯株式会社」でした。
その後、ガス販売部門を独立させ(現在の大多喜ガス株式会社)、1957年に「関東天然瓦斯開発株式会社」に社名変更しました。

600年分の埋蔵量 日本最大の水溶性天然ガス田

600年分の埋蔵量 日本最大の水溶性天然ガス田

関東天然瓦斯開発が開発している南関東ガス田は、千葉県を中心とする広大な水溶性天然ガス田であり、可採埋蔵量が3,685億m³にも達する、わが国最大の水溶性天然ガス田です。
当社グループ鉱区における天然ガス可採埋蔵量は、約1,100億m³。現在の年間生産量で計算すると約600年分にもなります。(算定方法はJIS(M-1006-1992)の容積法による。)

効率的で環境にやさしい千葉県産天然ガス

南関東ガス田から産出される天然ガスは、メタンが約99%を占め、一酸化炭素や硫黄分等をほとんど含まないクリーンエネルギーで、熱量が高く、きわめて効率的なエネルギーです。
また、天然ガスは、他の化石燃料に比べて燃焼時の二酸化炭素排出量が少ないため、地球温暖化防止のため期待が集まる、次世代を担うエネルギーです。

効率的で環境に優しい千葉県産天然ガス

千産千消(地産地消)のエネルギー

千産千消(地産地消)のエネルギー

同じくグループ会社の1つである大多喜ガスは、関東天然瓦斯開発によって生産された千葉県産の天然ガスを、都市ガスとして千葉県内のお客様に供給しています。
千葉県産の天然ガスは、海外から輸入するLNGと比べて海外情勢による影響等を受けにくく、輸送コストも抑えられるという特長があり、大多喜ガスのガス料金は全国的にもトップクラスに安価なものとなっております。
また、この千葉県の天然ガスは、ご家庭において調理や給湯・暖房等に使用されて快適な生活を支えているだけでなく、商業用や工業用の分野でも、燃料やコージェネレーションシステム(発電と冷暖房を一緒に行うシステム)等に利用されています。
当社グループは、千葉県内で生産された天然ガスが千葉県内で消費される、エネルギーの千産千消(地産地消)を実現させています。

都市ガス供給エリアマップ

用途が広がる有望な資源ヨウ素

千葉県は世界有数のヨウ素生産地

ヨウ素(ヨード)は、天然ガスと一緒に生産される地下水(かん水)に含まれている元素であり、当社は事業の第2の柱として、ヨウ素の生産を行っています。

ヨウ素は元素であるため、化学合成して作ることができない貴重な資源であり、日本のヨウ素生産量は、世界生産量の30%超を占めています。資源小国の日本ですが、ヨウ素については資源大国なのです。さらに日本の生産量の約80%は、千葉県にて生産されています。

主要なヨウ素生産国

用途が拡大する有望な資源

ヨウ素の用途として、私たちの生活に身近なものでは、うがい薬や殺菌剤の原料等に使われています。さらに最近では、液晶パネルの偏光フィルム等のハイテク分野でも活用されています。
ヨウ素は、用途が拡大している有望な資源です。

用途が拡大する有望な資源
株主・投資家情報
経営方針・戦略
個人投資家の皆様へ
IRイベント
業績・財務
IRライブラリ
株式情報
電子公告
よくあるご質問
免責事項
IR情報サイトマップ

ページトップへ

グループ企業
グループ企業
企業情報
トップメッセージ
グループ経営理念
会社概要
事業領域
組織体制
役員一覧
歴史・沿革
株主・投資家情報
経営方針・戦略
個人投資家の皆様へ
IRイベント
業績・財務
IRライブラリ
株式情報
電子公告
よくあるご質問
免責事項
IR情報サイトマップ
CSR
社会の信頼に応えるための体制
安心・安全・快適な暮らしのために
環境・社会に対する責任
CSR報告書
採用情報
トップからのメッセージ
募集要項
本年度の採用活動
先輩社員の声
福利厚生

PDFがついている「PDF」のコンテンツをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。最新版のダウンロードは、こちらよりお願いいたします。