用途が広がる有望な資源ヨウ素

当社グループは、世界有数のヨウ素生産者として、安定的な製造・販売やヨウ素欠乏症の問題を抱える地域への支援事業等を通じて、快適で豊かな生活の実現に貢献してまいります。

ヨウ素とは?

ヨウ素は、ヨードとも呼ばれるハロゲン属の元素です。当社グループは、天然ガス事業に次ぐ第2の事業として、天然ガス採取の際に汲み上げられる地下水(かん水)からヨウ素を製造しています。
ヨウ素の用途は、うがい薬やレントゲン造影剤、殺菌・防かび剤の原料や、農業分野でも使用され、最近では、液晶の偏光フィルム等のハイテク分野でも活用されています。
しかし、残念なことに日本のヨウ素利用は、ヨウ素を原料として輸出し、加工された付加価値のある製品を輸入していることが多いのが現状です。
そこで、この状況を打開すべく、ヨウ素利用研究の振興、利用産業の育成を目的として、1998年6月に「ヨウ素利用研究会(2007年7月にヨウ素学会に改称)」が産・官・学の協力により発足し、国際シンポジウムの開催等、精力的に活動を展開しており、当社グループも同学会の活動に積極的に参加し、ヨウ素の新たな可能性を追求しています。

ヨウ素はどこにあるの?

ヨウ素はどこにあるの?

ヨウ素は、海水や土壌に分布していますが、非常に低濃度であるためこれらからの生産は商業的には採算が合わず困難です。
過去においては、海藻に濃縮されていることを利用し、海藻を原料として生産が行われていたこともありましたが、現在では、一部の油田やガス田のかん水、南米のチリ硝石からのように限られた地域でのみ生産されています。
当社グループを含む日本のヨウ素メーカーが生産を行っている千葉県の南関東ガス田のかん水には、1kgあたり0.1g(100ppm)のヨウ素が含まれ、その埋蔵量は世界の約30%を占め、世界有数の鉱床となっています。

ヨウ素生産大国 日本

ヨウ素は元素であるため、化学合成して作ることができず、工業的にはヨウ素含有資源から抽出して取り出す以外に方法がない貴重な資源であり、日本のヨウ素生産量は、世界生産量の30%超を占めています。資源小国の日本ですが、ヨウ素については資源大国なのです。
さらに日本の生産量の約80%は、千葉県で生産されています。

主要なヨウ素生産国

暮らしのなかのヨウ素

レントゲン造影剤

ヨウ素は、優れたX線吸収能力を持っています。これを利用して、血管や各種臓器の医療診断の際のレントゲン造影剤として利用されています。

殺菌・防かび剤

ヨウ素が本来保有する抗微生物作用を利用して、殺菌・防かび剤に用いられています。
一般的には、うがい薬や消毒薬等がよく知られています。

液晶関連

テレビやパソコン、携帯電話など様々な製品に使用される液晶パネルの偏光フィルムにヨウ素は利用されています。偏光フィルムは液晶パネルに不可欠であり、その市場は拡大しています。

飼料添加物、添加塩

人間、動物の生存、成長にヨウ素は不可欠であり、これが不足するとヨウ素欠乏症となり、発育不全等の機能障害を引き起こします。これを予防するため、飼料や⾷塩にヨウ素を配合して利用されています。

株主・投資家情報
経営方針・戦略
個人投資家の皆様へ
IRイベント
業績・財務
IRライブラリ
株式情報
電子公告
よくあるご質問
免責事項
IR情報サイトマップ

ページトップへ

グループ企業
グループ企業
企業情報
トップメッセージ
グループ経営理念
会社概要
事業領域
組織体制
役員一覧
歴史・沿革
株主・投資家情報
経営方針・戦略
個人投資家の皆様へ
IRイベント
業績・財務
IRライブラリ
株式情報
電子公告
よくあるご質問
免責事項
IR情報サイトマップ
CSR
社会の信頼に応えるための体制
安心・安全・快適な暮らしのために
環境・社会に対する責任
CSR報告書
採用情報
トップからのメッセージ
募集要項
本年度の採用活動
先輩社員の声
福利厚生

PDFがついている「PDF」のコンテンツをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。最新版のダウンロードは、こちらよりお願いいたします。