環境に配慮した開発への取り組み

当社グループは、グループ経営方針に「環境との調和」を掲げ、様々な活動を行っています。

地盤沈下抑制のための取り組み

取り組みの背景

わが国では、戦前から戦後にかけて工業用等の地下水採取に伴う地盤沈下問題が各地で発生し、千葉県においても、東京湾岸の地域をはじめとして、1960年代前半から後半(昭和30年代後半から40年代)にかけて地盤沈下問題が顕在化しました。
地盤沈下の原因としては、一般的には、地層の自然圧密、地下水・地下資源の採取、地殻変動等であるとされています。
近年では、当社グループの開発地域も含め、千葉県内の地盤沈下は沈静化していますが、当社グループは、開発地域で地盤沈下が生じている事態を重視し、地下資源を開発する者の責務として、地盤沈下抑制のための取り組みを行っています。

千葉県との地盤沈下防止協定の締結

天然ガス開発に伴う地盤沈下の抑制を目的として、1973(昭和48)年に千葉県と県内の天然ガス開発企業との間で地盤沈下防止協定が締結され、天然ガス井戸の数の削減が行われました。その後、1981(昭和56)年からは、天然ガスかん水(天然ガス開発に伴って採取される地下水)の地上排水量の削減を骨子とする協定に全面改定され、地上排水量の限度量を設定する細目協定が5年ごとに改定・締結されています。
一般的に、地下水の採取は地盤沈下の原因の一つであると考えられていることから、地上排水量の削減が有効な地盤沈下抑制策の一つとされています。
当社グループは、今後も地盤沈下防止協定を遵守しながら、環境に配慮した開発・操業に努めてまいります。

※地上排水量とは、地下から採取した天然ガスかん水の量から、天然ガス等を分離した後のかん水を地下へ戻し入れた量を差し引いた水量です。

  • かん水の地下還元

かん水の地下還元

天然ガスおよびヨウ素分を分離した後のかん水の一部について、地下に戻し入れるための還元井を掘さくして、かん水の地下還元を行っています。
右の写真は、当社グループの還元井の一つです。現在、当社グループではこのような還元井を約130本設置し、地盤沈下の抑制に努めています。

同業他社および大学等研究機関との共同研究

地盤沈下の抑制は、天然ガス開発業界全体の共通課題であることから、当社グループは、県内の同業他社と共同で研究に取り組んでいます。
具体的には、人工衛星を利用した地盤沈下観測や、天然ガス・かん水の開発に伴う地盤沈下予測計算等のテーマを扱っています。さらに、この共同研究の一環として、2006年からは東京大学との共同研究を開始し、より専門的な視点での技術課題に取り組んでいます。大学という第三者的立場の研究機関の協力を得ることにより、研究成果に客観性や妥当性がもたらされることも期待されます。
これらの研究結果については、学会等に発表するとともに、千葉県や開発地域の市町村に随時報告し、地域の皆様のご理解をいただきながら事業を進めてまいります。

窒素排水規制への対応

取り組みの背景

天然ガスかん水には、窒素成分としてアンモニアが含まれています。アンモニアは、富栄養化や健康被害の原因物質となることから、その濃度と排出量が法令で定められています。
天然ガスかん水には高濃度の塩分が含有されており、一般的な窒素除去技術の適用が困難なため、現状では国産資源開発の重要性も配慮され、特別に暫定基準が設定されています。

窒素低減処理技術の研究

現時点では、天然ガスかん水に適用できる経済的な技術は確立できておらず、県内の同業他社と共同でかん水中の窒素低減処理技術の研究を実施しています。
現在は、アナモックス菌という微生物を利用した処理方法の利用に取り組んでいます。この方法は、従来の微生物処理よりも効率よくアンモニアを無害な窒素ガスに変えることができる技術で、省エネルギー処理法として注目され、一般の下水処理での検討も始められています。熊本大学との共同研究で得られた成果をもとに、実用化に向けた連続処理実験を実施しています。

アナモックス法による窒素除去方法
CSR
社会の信頼に応えるための体制
安心・安全・快適な暮らしのために
環境・社会に対する責任
CSR報告書

ページトップへ

グループ企業
グループ企業
企業情報
トップメッセージ
グループ経営理念
会社概要
事業領域
組織体制
役員一覧
歴史・沿革
株主・投資家情報
経営方針・戦略
個人投資家の皆様へ
IRイベント
業績・財務
IRライブラリ
株式情報
電子公告
よくあるご質問
免責事項
IR情報サイトマップ
CSR
社会の信頼に応えるための体制
安心・安全・快適な暮らしのために
環境・社会に対する責任
CSR報告書
採用情報
トップからのメッセージ
募集要項
本年度の採用活動
先輩社員の声
福利厚生

PDFがついている「PDF」のコンテンツをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。最新版のダウンロードは、こちらよりお願いいたします。